USB

キーワードの候補

2 件

コンピュータ

USB

ゆーえすびー

背景

USB の策定以前にはプリンタ、モデム・ TA 、マウス・キーボードなど多数のポートが使用されていた。またパソコンの電源が入ってから切るまで、接続したままにしておかなければならないという制約があった。それらの多数の規格を統一して 1 つのポートで運用できるようにしたのが、 USB という規格である。

また、パソコン本体の電源を入れている最中でもケーブルを抜き挿しできること ( ホットプラグ ) 、機器の動作に必要な電源をパソコンから得られること、さらに USB ハブを介して多数の機器を接続できることなどの利点がある。

規格

転送速度の規格

USB 1.0

1996年1 月発表。最大 12Mbps 。

USB 1.1

1998年9 月に発表。 USB 1.0 の規格仕様が電源管理等の面で改善された。転送速度は最大 12Mbps 。

USB 2.0

2000年4 月に発表。 USB 1.1 の規格仕様に Hi-SPEED モードを追加したことで、 USB1.1 と同じコネクタを使いながらも約 40 倍のデータ転送速度 (480Mbps) を実現した。バスパワーの供給電力は 5V、500mA 。

USB 3.0

2008年11 月に発表。転送速度が 5GbpsとUSB2.0 と比べて約 10 倍に向上し、超高速データ転送ができるインタフェースとして普及が進んでいる。 1.1/2.0 と区別するため、コネクタのソケット部分には青色が使用されている。バスパワーの供給電力は 5V、900mA 。

USB 3.1

2013年8月1 日に発表。 USB3.0 のデータ転送速度 5Gbps の「 SUPER SPEED(Gen 1) 」モードに加えて、新たに最大転送速度 10Gbps を誇る「 SUPER SPEED PLUS(Gen2) 」モードが追加されている。バスパワーの供給電力は 5V、1,000mA 。

コネクタ形状の種類

USB Type-A

基本的に、パソコン側に接続する標準的な USBコネクタ

USB Type-B

プリンタやスキャナなど、パソコン周辺機器側に接続する端子。

Mini USB Type-B

USB のミニ版の端子で、主にデジタルカメラなどの接続に使われる。 MicroUSB が標準化されてからはあまり主要な端子ではなくなった。なお、 Type-A コネクタは USB 2.0 の規格上では存在しない。

Micro USB Type-B

Androidスマートフォンやタブレットなどで多く採用されている小型の USB 端子。 USB 端子のミニ版である Mini USB をさらに小型化した端子で、 Mini USB と形が似ているが、 Micro USB の方がより薄くて抜けにくく、丈夫。抜き挿しの耐久性が強いのも特徴。

USB Type-C

USB の次世代規格「 USB3.1 」で制定された新規格の端子。転送速度 40Gbps を誇る。

上下左右対称なデザインを採用、コネクタの挿し込み口がリバーシブルになり、どちらの向きでも挿し込むことができる形状。

また、従来の USBコネクタ はホスト側が A コネクタ、デバイス側が B コネクタに接続するというルールがあったが、 Type-C コネクタではホスト側もデバイス側も同じ Type-C コネクタを使用することができる。

さらに、 Type-C コネクタの場合は一つのコネクタのみに統一されているので、 Type-B の種類に合わせた USB ケーブルは必要とせず、 1 本の USB ケーブルだけで全ての機器に接続できるようになる。

Amazonベーシック USB2.0ケーブル 1.8m (タイプAオス- マイクロタイプBオス)

Amazon ベーシック USB2.0 ケーブル 1.8m (タイプ A オス - マイクロタイプ B オス)

iBUFFALO USB2.0Hub バスパワー 4ポート ブラック 【PlayStation4,PS4,PS3 動作確認済】BSH4U06BK

iBUFFALO USB2.0Hub バスパワー 4 ポート ブラック 【PlayStation4, PS4, PS3 動作確認済】 BSH4U06BK

目次

サイエンス

USB

ゆーえすびー

Upper side band

SSB の電波のうち、上側波帯を使用するもの。対義語は LSB 。

アマチュア無線で SSB を使用する場合、 7MHz 帯以下では LSB、10MHz 帯以上では USB を使う慣習になっている。