PowerPC

コンピュータ

PowerPC

ぱわーぴーしー

IBMのUNIX 機やサーバーなどで採用されていた POWER アーキテクチャをベースとし、 IBM とモトローラが共同で開発した RISC (パイプライン) 構成のアーキテクチャを有する、 32 または 64 ビットの MPU 。「 PPC 」と略記されることもある。 AIM (Apple、Freescale Semiconductor (モトローラ) 、IBM による対 Wintel チーム) 唯一の産物でもある。


Apple 社製 コンピュータMacintosh に採用されていることで有名だが、 IBMのUNIX 機や組み込み高性能コントローラーとしても大量に使われている。また GAMECUBEやWii にも PowerPC G3 をベースに改良した Gekko、Broadway と呼ばれる MPU が、 XBOX360 には 3 コアにカスタマイズした G5 が採用されており、 PLAYSTATION 3のもPowerPC Cellプロセッサベースである。


Freescale SemiconductorはAltiVec (Apple での呼称は Velocity Engine) と呼ばれる ベクトル演算 ユニットを有する PowerPC G4 を開発したが、 IBMはPowerPC G3 の高速化という道を選び、両社の蜜月時代は終わった。


現在、 IBMがPowerPC G5 を供給中。 Freescale SemiconductorはPowerPC G4 の高速化に専念している。一方で、 PowerPC G5 の熱効率や処理速度が一向に向上せず、またモバイル向け低消費電力の PowerPC を開発しないと言うことで Appleは2006 年より IntelのMPU に変更し、 2007 年には移行を完了すると表明、 AIM の提携は 2006年8月7 日すべての Mac ファミリーが Intel 化を達成し、幕を閉じた。


PowerPC G3は32 ビットの CPU 。第 3 世代 (Generation 3) ということで G3 とついているが、第 2 世代の PowerPCはG2 とは言わない。任天堂の ゲーム機GAMECUBEとWii にもこれを改良した MPU が採用されている。


PowerPC G4はG3に128 ビットの処理能力を持つ ベクトル演算 ユニット AltiVec を加えた MPU で、現在は Mac の主力となっている。 Mac に採用された当初は途端にクロックダウンしたという経緯も持つ曰く付きのプロセッサ。

なお、 AltiVec の能力を引き出すにはソフトウェア側での対応が必要であり、多くのソフトウェアで対応できていない。一方で、 iTunes のエンコーダは AltiVec に最適化されており、驚異的な速さでエンコードを完了できる。


PowerPC G5はフル 64 ビットの MPU で、銅配線や SOI (silicon on insulator) 、90nmプロセステクノロジー により高速化している。 AltiVec については IBM が見事に再現し、 G4 のものと完全に互換性がある。

これを PowerMac に導入して「世界初の 64 ビットパーソナルコンピュータ」と大々的にリリースしたのが 2003 年のことである。

また、 2005年10 月に デュアルコアPowerPC G5 (PowerPC 970MP) を搭載した Power Mac G5 Dual/Quad がリリースされた。


現時点でのシングルコア G5 のクロックスピードは最高で 2.7GHz、デュアルコアG5 のクロックスピードは最高で 2.5GHzとx86系MPU には全く敵わないが、 FSB やデータバスなどプロセッサ以外の構造が見事にカバーし、 x86系MPU より高速である。

FSB は最高 1,333MHzのXeon、1,066MHzのPentium4 Extreme EditionとPentium Extreme Edition、Core 2 に対し、シングルコア G5 は最高 1.35GHz、デュアルコアG5 は最高 1.25GHz で双方向 64 ビットである。